診療案内

診療時間
午前 8:30~12:30 月曜日から土曜日
午後 14:30~17:30 月曜日から金曜日

※ 午後は主として訪問診察

休診日 日曜日、祝日、お盆(8/13~8/15)
年末年始(12/28~1/3)

 

 

内科・循環器科

 

□ 高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙等は知らないうちに血管を老化させて、ついには、狭心症、心筋梗塞、腎臓病、脳卒中、一部の認知症等を起こします。

□ 循環器や内科疾患の多くは、この血管病です。しかし、血管病が進行中であっても、後戻りが効かなくなるまで症状は出ません。最初から自覚症状がある皮膚や関節病とは全く異なる特徴で、静かなる殺人者とも揶揄されます。だから、症
状がない時期の管理が重要になるわけです。

□ 当院では超音波エコー、ホルタ―心電図そして阿蘇では唯一の64列CT等で脳、心臓、肺、腹部の診断、そして血管病全般の診断治療を行っております。

□ 平成13年10月より、慢性疾患で継続受診される患者様には、毎回の検査結果、説明内容、注意事項等をハートカルテに記載してお渡ししています。本人の病状の理解、他院、調剤薬局との連携に役立っています。

看護部

看護部は「患者様に愛され,信頼されるチームの一員として暖かい心で質の高い看護を提供します」指導体制の整備,研修会の実施等,人材育成の充実を図り,看護部職員の総合的な看護の質向上に努めています。

救急医療、介護分野では,24時間対応し,全身管理と共に,合併症の予防と早期回復への看護を行っています。

がん医療分野では,がんと診断されたその時から患者さんの心理的なサポートや,治療の継続,患者さんのQOL向上を目的とした緩和ケアも推進しています。

当院は,利用される患者さんやご家族が不安になられることがないように,地域の医療施設から外来へ,外来から病棟へ,病棟から再び地域の医療施設へ,切れ目なく必要な医療・看護をつないでいく「入院・退院支援の強化」に取り組んでいます。地域医療を担う病院であっても,患者さんの生活拠点である地域での暮らしを忘れることなく,常に患者さんやご家族への支援、貢献を模索し患者さん・ご家族の抱える問題に,真摯に向き合い,医療(看護職)のプロとして最善をつくします。

在宅医療

□ 在宅療養支援診療所として、通院治療が困難な患者様の24時間365日の訪問医療を実施しています。

□ 在宅医療は、自分の家で出来る限り長く過ごしたいと考える方にとって最良の方法です。
病状の悪化や変化があれば、当院への入院を併用し、可能な限り、出来れば、最後の時まで在宅生活を支援します。

□ 理学療法士による訪問リハビリおよび24時間体制の訪問看護も行っており、安心した在宅療養を支援します。

□ がん患者さんが自宅やホームなどの住み慣れた環境で、家族など身近な人に囲まれて生活できるように、在宅ホスピスとして専門の医師や看護師が訪問して、心と体のケアを行います。必要な場合は、入院での緩和ケアも可能です。

ハート透析センター

□ ベッド23床、個室1床の透析センターです。

午前は主として外来患者様、午後は外来患者様と入院患者様の透析を実施し、夜間透析も相談に応じます。かかりつけの患者の病変は24時間対応になります。また、旅行や帰省に伴う臨時透析にも応じます。

当院臨床工学士の仕事内容は透析室業務を中心に医療機器の保守・管理・点検業務など多岐にわたり、治療が安心・安全に行われるよう協力しております。また、日本透析学会や九州人工透析研究会に参加し、論文発表など日々の業務に繁栄できるようスキルアップも図っております。

□ かかりつけ患者様の病変は24時間対応します。
また、旅行や帰省に伴う臨時透析にも対応します。

リハビリテーション室

□ 人員:理学療法士2名

□ 診療:月曜日~土曜日

外来 8:00~12:30 祝日は休診
入院 8:30~12:30 日曜日のみ休診

□ 特徴:整形、内科中枢神経疾患、難病疾患に至るまで、
外来、入院問わず、広く疾患別のリハビリテーションに対応しています。
また、ウォーターベッド、超短波ホットパックによる温熱療法を行っています。

□ 訪問リハビリテーション
連携医療機関や、近隣市町村(当院から半径約
30km圏域)の在宅支援事業所からの紹介を
含め、在宅療養中の患者様宅への訪問リハビリ
を展開しています。訪問スケジュールは担当理
学療法士が管理、月曜日から金曜日、午前2件、
午後4件の目安で訪問中です(祝日も実施)。

入院・病棟

19床(特別室1床)の入院施設です。慢性疾患や障害をもってから長く経過された患者様が多く、外来患者様をはじめ、訪問診療、訪問看護を利用中の患者様の受け入れを行っています。また、緩和ケアも実施しており、苦痛を出来る限り軽減し、人間としての尊厳を持って、その人らしく生き抜くことができるよう援助します。

 

訪問看護ステーション(ハートナース)

利用者の心身の状況や家庭環境等を踏まえ、市や地域の保健・医療・福祉サービス等と連携を図りながら、利用者の要介護状態の軽減や悪化の防止、 もしくは要介護状態となることの予防のため、適切な訪問看護サービスの提供に努めます。

訪問介護事業所(ハートケアセンター)

要介護者の心身の特性を踏まえ、その有する能力に応じ、自立した日常生活を営むことができるよう、入浴・排泄・食事の介護、その他の生活全般にわたる援助を行います。

居宅介護支援事業所(ハートプラン)

介護支援専門員(ケアマネージャー)が介護の必要な方の心身の状態に応じた介護サービス(ケアプラン)を作成します。
介護サービスを利用する方、悩んでいる方は、ご相談ください。

学会への参加

職員の資質向上のために、毎年、NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク、 日本透析学会、 九州人工透析研究会に参加し、演題を発表しています。また、多くの研修会に積極的に参加しています。